井坪工務店

TEL 0265-22-5262

OPEN 9:00~18:00 水曜定休 

journal

井坪 寿晴
代表ブログ
POST:井坪 寿晴 2021.07.02

教え

皆さんこんにちは、社長の井坪です。

湿気の多い暑さが苦手な私にとって最も恐れるシーズンが到来しました。

この蒸し暑さとベタベタ感は苦手だ!と言う方も多いはずですが、こういう話題になると『暑さより、寒さが苦手』という話になったりで、暑さ、寒さ論争になったりもします。

高温多湿と低温低湿のどちらの季節もある日本だから起こる話です。

結局、人間はこの状況を衣替えでしのぎますが、家には何らかの工夫が必要だということがわかりますね。

その工夫がWBだったりするのですが…(※詳しくはhttps://itsubo.co.jp/wb/)を御覧ください。

 

さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

30年点検を迎えたお客様から『久々に社長に会いたい!』とのご依頼を頂き、30年点検とタイミングを合わせてお伺いさせて頂きました。

お施主様は弊社の先代と、若手経営者の会からの長きにわたる経営者仲間としてもお付き合いのあった方で、施主様宅の建築当時まだ入社していない私も食卓で『〇〇社長の家を任された!』と話題になるような方でした。

『俺の家と全く同じでいいと言われた!』『全部社長に任すと言われた!』と誇らしく語っていた先代。

訪れるのはその肝いりの住宅です。

30年の時を経て、自分がお伺いし会長(お施主様)とサシで話す日が来るとは…

感慨深く想いながら車を走らせると、小雨の中に精悍な和風住宅が現れました。お施主様である会長宅に到着です。

いい感じに日に焼けた軒の深い化粧玄関と手入れの行き届いた庭に気を取られていると、『おお来たか!こっち、こっち!』とすぐに玄関脇の応接室に通されました。

『ご無沙汰しております』と挨拶をすると同じタイミングで『いや〜俺はな…いい家を建てていただいたって感謝しとるんな!それを今の社長にも伝えたくてな!』と大きな声で言われました。それから住宅を建てた経緯、先代とのエピソード、建築中の職人の話、材料の話と、私の知らない様々なお話を夢中で話し聞かせて頂きました。

そして『じゃあ少し見てくれ』と自慢のお座敷、外廊下、玄関ホールなどを案内され、『これはな〜』とそのこだわりを語って頂きました。

建築させていただいた建築屋の社長ですので、当然素材の名称、特徴、施工方法なども知っていますが、会長の情熱的なトークからは何かそれ以上のモノが伝わってきました。

『ありがとうございます。いい時間になりました』と感謝を申し上げると。

『社長!俺の家の柱を見てくれ。いい感じに焼けてきたに…昨日よりも今日、今が一番いい色になっとるに…30年経っても悪いところなし!』と言われました。

有り難い限りです。あさって74日は先代の命日。亡くなって11年が経ちますが、施主様や施工させていただいた家からまだまだ教えられることがありそうです。感謝!